社長メッセージ

いま、日本の紙パルプ業界は大きな変革期を迎えています。世界的な経済環境の変化や、アジア・北米・欧州などの紙パルプ市場の需給変動を見据えた事業戦略が求められています。また、多機能モバイル端末などの普及により、紙を媒体とする従来のメディアそのものが変化しています。このような環境の中で、私たち紙パルプの流通を担う商社は、経営環境の変化に対応した企業価値向上の実現に向けて取り組んでおります。

このような中で新生紙パルプ商事株式会社は、社員一人ひとりが変化をチャンスと捉え、旧来のビジネスモデルを革新していくとともに、次世代ビジネスへ積極果敢に挑戦することが必要と考えております。
そして、変化を先取りした先進性ある事業活動を通じて、お客さまから「支持され」「必要とされ」「選ばれる」会社として、お客さまとともに発展・成長し続けることを目指してまいります。

その実現に向けては、成長が期待される機能材分野、化成品フィルム分野、パッケージ分野および海外市場に対して積極的に取り組んでまいります。
また、紙の原材料である再生可能な木質系天然素材の価値と機能性を見つめ直し、その未知なる可能性を追求し、生活・文化・産業における新たな価値の創出に取り組んでまいります。
さらには、情報分析力・人材開発力の充実強化とこれからの未来創りに向けた投資活動も積極的に行ってまいります。

地球環境の保全活動につきましては、木質系天然素材の特性を活かした循環型ビジネスモデルを幅広く展開することによって、限りある資源を有効に活用した自然に優しい環境経営を推進してまいります。

そして、これら事業活動を通して持続的に収益を拡大し、活力と夢にあふれる社会の実現に資するよう努力していく所存でおりますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 加藤 康次郎

事業案内

IR情報