トップメッセージ

未来につながる活動で「人と自然とが共生できる環境」を目指します

社会の声をキャッチして求められる企業の姿へ

企業の社会的責任は時代とともに変化しています。かつてはしっかり利益を上げ納税していれば、社会に貢献し責任を果たしていると言われていました。しかし、現在ではより多様な活動が求められています。当社も社会から尊敬され目標とされる企業となるべく、取り組みを進めているところです。
 当社は、社会が求めるさまざまなルールや制度への参加が、社会的責任に対する姿勢を示すと考えています。その一つとして2002年にISO14001認証を取得しました。会社をあげて、環境に負荷をかけない仕組みを構築し、運用しています。
 また、紙だけでなく原料となる森林も大切な財産だと認識しています。森林の永続的な利用と保護を目的とする森林認証制度の存在が広く浸透し、今やCoC認証取得がスタンダードな時代と言えるでしょう。もちろん当社もCoC認証を取得して、森林認証製品の取り扱いを行っています。
紙業界では、環境問題が世界で話題になる以前から、環境に配慮した取り組みを続けてきました。紙はもともと環境に優しい素材です。例えば、国内の製紙業において、古紙が利用され始めたのは第二次世界大戦後の1950年代からでした。早くから環境保全に取り組んできた実績は、紙を生業とする私たちの大きな誇りとなっています。

時代の変化を捉えて新たなチャレンジを

これまで紙が多く使われてきた広告・出版業界では、ITの進化とともに媒体が多様化しています。一般のオフィスでも書類の電子化が進むなど、紙業界の環境は厳しさを増していると言えるかもしれません。しかし、紙はパッケージとしての役割も担います。美しく魅せて販売促進に寄与するのはもちろん、商品の保存や輸送時における保護といった機能があります。当社は広告・出版用途だけでなく、包装用途の商品にも力を入れています。
 特に、化成品を原材料とする食品パッケージにおいては、安全性が優先されます。パッケージが、食品に悪影響を及ぼすことがあってはならないからです。当社は安全性を保証するため、場合によってはメーカーに何度も品質試験を依頼します。度重なる試験はメーカーの負担になるかもしれませんが、ユーザーのニーズを理解いただく一つの方法だと捉えています。このような取り組みがあるからこそ、当社は安全性に絶対的な自信を持って商品をご提案できるのです。メーカーとユーザーの双方が納得するレベルに商品を導き、社会が求める安全性をクリアしたものだけをご提供する。それが社会に対する当社の大きな責任だと考えています。
 また、紙業界にもグローバル化の波が急速に押し寄せてきました。これを新しいチャレンジと捉え、築いてきた実績とノウハウを糧に成長したいと考えています。もちろん国内と異なる商取引、コミュニケーションの難しさなど、従来と同じやり方で対応できるはずはありません。しかしどのような変化が訪れようとも、当社の根幹が揺らぐことはないでしょう。ニーズに合った安全な商品を確実にご提供していきます。

快適な職場環境が社員の良い仕事を引き出す

当社の社員には、まず善良な一市民であり一家庭人であることを求めています。会社と家庭には相互作用があると考えています。良い仕事ができれば笑顔で家に帰れ、その笑顔が家庭を明るくするでしょう。そして明るく幸せな家庭が、仕事のモチベーションにつながります。こうした好循環を回すには、社員一人ひとりが安心して働ける会社でなければなりません。そのために制度や体制をしっかり整え、働きやすい職場環境の維持に努めています。
 紙は、人々の財産である文化を継承し、また新しい文化を創造・発信する媒体です。出版は当社の事業で大きなウエートを占める分野でもあります。高名な作家の作品が当社の紙で印刷されたなどの逸話は、自然に伝承されるとともに社員の誇りを醸成しているようです。文化の発展と密接に関わってきた紙を扱う企業として、これからも文化を支えるにふさわしい活動を続けていきます。
 さらに紙は、唯一無二の存在であると思います。そこに社会への影響力の大きさだけでなく、無限の可能性を感じずにはいられません。当社は「革新と挑戦」の情熱を持ち、紙の専門商社という太い幹から枝葉となる新しい事業を育て、未来に向かって前進していきます。

会社案内

IR情報