紙の今むかし

紙と人との出会い

紙作りの技術が生まれたのは、紀元前2世紀頃、漢の時代の中国でした。麻の繊維をほぐして水につけ、「すき上げる」方法が発明されました。しかし当初の紙は、ざらざらしており書くためのものとしては品質的にまだ不十分で、主に包装用として使われていたようです。
この紙作りの技術を体系化し製紙法としてうちたてたのが、蔡倫(さいりん)です。西暦105年、蔡倫は麻や樹皮を使って紙を作り、時の皇帝和帝に献上しました。これをきっかけに、書写材料としての紙が大量に安く作られるようになりました。

紙の伝播

中国における紙の存在は、貿易を通してアラビア半島などにも伝わっていましたが、実際の製紙技術は何世紀もの間、中国だけのものとされていました。 751年、唐とサラセン帝国(イスラム帝国)との間で戦争が起こり、そのときついに紙作りの技術が西へと伝えられたのです。サラセン帝国に捕らえられた唐の捕虜の中に、紙すき職人が交じっていたからです。
こうして西アジアに伝わった製紙法は、その後エジプトをへて地中海沿岸諸国、そしてヨーロッパ全体に広まりました。そして17世紀末には、アメリカにまでその技術は到達したのです。 一方、製紙法の東への伝播はというと、朝鮮に伝わったのが500年頃で、日本へは610年に高句麗の僧、曇徴(どんちょう)によって伝えられたとされています。