紙のリサイクル

あなたにも出来るリサイクル

1.分別回収に協力しましょう。

「捨てればゴミ、集めれば資源」

読み終わった新聞・雑誌・広告などは、捨ててしまえばただのゴミですが、リサイクルすれば立派な資源として再生するのです。自治体や事業者の分別回収を積極的に利用しましょう。

2.古紙回収のときは、同じ種類のものをまとめて紐でしばりましょう。

紙は原料のパルプの種類によって特性が違います。リサイクルに回す段階で古紙の種類をそろえておくと、あとの手間が省け効率よく再生ができるのです。

3.古紙回収に出すときは、禁忌品を入れないように注意しましょう。

せっかく古紙を活かそうと思っても、紙以外のものや紙であっても特殊な紙が混じっていると、リサイクル過程でトラブルが生じる可能性が高くなります。出す前に余計なものが混ざっていないか、確認しましょう。

主な禁忌品

これらのものはリサイクルできませんので、回収する古紙に混ぜないようにご注意ください。

  • カーボン紙、ノーカーボン紙、感熱紙、写真等紙類
  • クリップ、布類、ファイルの金具、プラスチック類、FAX等の感熱紙
  • 窓付封筒(窓のフィルムを取り除けば可能)
  • 油紙
  • 紙コップ(ワックス加工してあるもの)
  • ビニールコート紙
  • 糊付ラベルやステッカー
  • 合成紙
  • ちり紙等で衛生上問題のある紙等
  • シュレッダーにかけた紙(幅10mm以上に裁断してあれば可能)

4.紙パックは捨てずにリサイクルしましょう。

牛乳などの紙パックはバージンパルプ(木材チップのみでつくられるパルプ)でできているので、質のよい再生紙をつくることができます。紙パックのリサイクルの基本は、1) 洗う→2) ひろげる→3) 乾かす→4) 数枚ずつまとめて紐で結んで出す、です。

5.事務用の紙は両面を使うようにしましょう。コピー紙や広告の裏面もメモなどに活用しましょう。

6.トイレットペーパーなどは、「再生紙使用」と書いてあるものを買いましょう。

トイレットペーパー、ティッシュペーパー、新聞、雑誌などで、古紙を再生利用した製品には「グリーンマーク」がついています。ちょっと気をつけて選んでみましょう。また紙製品以外でも、環境保護に役立つ製品には「Rマーク」がついていますので、そちらも注目してみましょう。

7.買い物の際は、マイバッグを持参しましょう。

過剰包装や使い捨ての紙袋などは資源のムダ使いです。必要以上の包装紙やカバーなどについては「袋はいりません」とか「そのままでけっこうです」と断るようにしましょう。

8.使い捨ての紙コップ・皿、わりばしなどは、本当に必要かどうか考えて使うようにしましょう。

使い捨て商品は便利なものですが、あくまで代用品です。再利用可能なものが手元にあるときはそちらを使うようにしましょう。長い目で見れば、そうした地道な行為が貴重な紙資源を有効利用することにつながるのです。